アルフォンソ・ミュシャのスラブ叙事詩が世界初、チェコ国外を出て、この春日本でご覧できます!!

2017年01月20日

チェコではムハと呼ばれています、アルフォンソ・ミュシャの巨大画が現在、プラハの国立ギャラリーでご覧いただけます。


そして、今年の3月から3か月、日本の国立新美術館でミュシャ展が開催されます!

 もしプラハにいらっしゃってご覧になる機会のあります方におすすめのお土産は、ポストカードです。

スラブ叙事詩が世界初、日本でご覧いただけます。チェコ国外を離れるのも初めてです。


 椅子にもたれかかっている人物がコメンスキ―です。かれの右手後方に町のシルエットが描かれています。チェコではなく、オランダのナールデンの町です。コメンスキ―はここで最期を迎えました。

国立新美術館でミュシャ展

 http://www.mucha2017.jp/

2017年3月8日(水)-6月5日(月) 毎週火曜日休館 ただし、5月2日(火)は開館

開館時間 10:00-18:00

※金曜日は20:00まで

※4月29日(土)-5月7日(日)は20:00まで

※入場は閉館の30分前まで